ブログトップ
Driving Sideways
melody430.exblog.jp
カテゴリ:未分類( 9 )
Open the channel D
ロバート・ボーンが亡くなったとのこと。ナポレオン・ソロのファンとしてはなんとも切ない気分です。あのテーマ曲、オープニング、服屋の地下が本部と、どれをとっても007のB級版という印象でしたが、ジェームズ・ボンドとは異なり、いつも相棒との共同作業で、しかもふたりとも大して強くないところとか、明らかにボンドシリーズとは異なるシナリオが面白かった。まだ子供の頃、確か日テレ系で放送していて、当時から熱狂的なファンでした。

More
[PR]
by melody63 | 2016-11-15 12:53
Blowin' in the Wind
反戦の歌や、マイノリティへの共感、体制や権力者への反発など、そういう強者へと向けられたメッセージに賞が与えられるなら、それはその作品が誰かの用意したショーケースに体よく収まったということで、生まれついてのリベラルならそれをよしとしないだろうし、いいも悪いもない、何ら反応しないBob Dylanはさすがだなと。アワードの中の人の「きっと喜んでくれるはず」という傲慢さはどこからくるものなのか。少なくともずっとBob Dylanを聴いてきた人なら、笑顔で彼がコメントしてる姿のほうが不自然な気がしますが。

More
[PR]
by melody63 | 2016-10-18 03:20
Live Free or Die Hard
4速のアイアンが欲しくて、70年頃のXLCHを探してるんですが、goo bikeなど見ても、これは、というものは関東圏になく、ほとんどが九州、近くて名古屋。あと80年前後のFXSも。バブリーな関東圏ではこの手の古臭い乗り物はもう売れないのでしょうか。友達に話すと、気に入ったら持って帰るつもりで、ハイエースで一緒に行ってくれると言うんですが、それでも宮崎やら福岡まで行くには覚悟がいります。できれば散歩の途中、ショールームで見かけた古い車両が気になってふらっと立ち寄る、、そんな感じがいい。所詮バイクなんだから。

More
[PR]
by melody63 | 2016-09-04 23:44
研修
今頃こんな話を持ち出すのもアレなんですが、社会人になって間もないころ、ある研修に参加させられました。場所はまだ春浅い河口湖。男女混合で7人くらいのグループを作らされ、そこに一人スタッフが入り、司会進行を努めます。話の内容は、グループの誰彼に関するいい面と悪い面を本音で語るというもの。

More
[PR]
by melody63 | 2016-04-10 01:26
潮時
f0178199_2134597.jpg
AppleWatchにエルメスのバンド、、ってこんなのジョブズ的に最も忌み嫌いそうなセット。片手で持てないほど重い大型iPadにキーボードスタンド付きカバーやスタイラスペン、さらには型落ちのiPhoneを名前を変えて在庫処分。ネタが尽きたと言い放つのは簡単だけど、ここまでジョブズ時代のAppleと正反対の商品群が出そろうと、これはもう先代の付けた道をわざと破壊しようとしているとしか思えない。まぁ今時ジョブズの名を出すなどすでにノスタルジーの極みではありますが。ヴィジョナリーなき船団は一体どこに向かってるんでしょうね。

More
[PR]
by melody63 | 2016-04-08 21:25
人生は紙飛行機
記録的高視聴率だったという何とかロケットっていう番組の再放送をネットで見たんですが、みんな中小企業が好きだな、、いざ就職となると公務員や大企業に行くのにね。下町=中小企業=負け組が、港区=大企業=勝ち組を翻弄するダイナミクスに爽快感を感じるのはよくわかりますが、、そういえば今回の大河ドラマも地方の中小企業の二代目が主役でしたね。

More
[PR]
by melody63 | 2016-03-05 13:17
Catch & Release
昨今は断捨離ブームがあったり服は十着しかいりません的な本がベストセラーになったりで、モノを持たないことへの関心が高まっていますが、そんなことは僕の中ではずっと前からアタリマエのことであって、そもそもほとんどの「モノ」は僕をいらいらさせるばかり。モノを棄てることは僕にとって最もワクワクする行為であって、手に入れる悦びなど比ではありません。

More
[PR]
by melody63 | 2016-01-04 06:18
ステッカー
元気がないとき、撮りためたN響のビデオを夜中に見たりしています。なかでもシュトラウスの「英雄の生涯」は第一楽章からいきなり元気が出ていいんですが、長持ちしないのが難点。最近は総じて元気がないので、楽団の構成員のテレビに映るほぼ全員の顔を覚えてしまいました。それはもう極楽湯の玄関ですれ違ってもわかるレベル。ところで元気がない理由のひとつは、風邪が治らないんですよね。咳をしていると持病の喘息が出て止まらなくなる。すると喉が苦しくなって風邪が悪くなる、の悪循環。まぁ熱はないのでその分楽ではありますが。

More
[PR]
by melody63 | 2015-11-13 04:43
生駒山
長年売れなかった奈良ドリームランドの買い手がみつかったという一見どうでもいいニュースで思い出したのは、大阪と奈良の県境の生駒山の山上にある生駒山上遊園地のこと。両親が事業を行っていたせいで、生後まもなく僕は生駒山の麓にある東大阪市の祖父母の家に預けられたんですが、月に2度仕事が休みの前日の夜になると、両親が車で僕に会いにやってきました。家族で楽しく過ごし、いよいよ両親が帰る素振りを見せ始めると、僕は泣いて二人を帰らせない。そこで「じゃあ生駒に行こう」という打開策を父が出し、祖父母の家から小一時間ほどの生駒山山上公園に祖父母とうちの両親ででかけたのでした。

More
[PR]
by melody63 | 2015-11-11 00:46