VRゴルフ

ふと思い立ち、3年ぶりにゴルフの打ちっぱなしに行ってきました。一昨年はぎっくり腰になり体をひねることができず、去年は五十肩で肩が上がらず、ゴルフはもとより、スポーツができる状態ではなかったんです。でも脳内シミュレーションは随時行っていたので、久しぶりに行くとトンデモナイ飛躍があるのではないかと密かに期待していたのですが、結果は当然ながら惨憺たるものでした。iPhoneのカメラで撮ってみたのですが、脳内でイメージしていたフォームと違います。てゆうかぜんぜん違う。そもそもちっとも当たらないんですが。



テレビで年寄りのタレントが変なフォームでスイングするのを見て、ゴルフって金を使ってもうまくならないものなんだなぁと鼻で笑っていたのですが、むしろそれに近い。体が固くなったせいか、バックスイングとフォローにつながりがなくぎこちない。まるで爺様みたい。いや爺様そのものでした。ホントに最近は脳内がVRになっちゃってて、勝手なイメージばかり。そこではまだ僕は30代になったばかりの青年で、顔も肌も弛緩しておらず、目にも止まらぬスピードでスマートに振りぬくんだけど、実際は違う。どうせならホントにVRスコープを付けて、孤独なゴルフレンジの二階席をパームスプリングスに見立て、女子大生のパートナーたちが優しく見守る中、300ヤードくらい飛ばしてみたいものだ。あれ?ゴルフの単位ってヤードじゃないんだっけ?ヘクトパスカル?(笑)
[PR]
by melody63 | 2017-05-30 21:06 | Diary