MONSTER

僕レベルの三下が物欲がどうのと口にするのは全く面映いのですが、アウトドアの世界にはテントを始めランタンやクーラーボックスと、物欲を刺激するアイテムがたくさんあって最近はハマり気味です。そしてAmazonやebeyでポチる際に思うことは、例によって「車に比べたら安いやん」。ハーレーもそうでした。ポルシェを買うことを思えば全然安い。いや嘘みたいに安いんだよ、と。さらに997が一年でどれほど値下がりしたかを引き合いに出して、(なぜか)偉そうにヨメさんに語ったのを昨日のことのように覚えています。そうして深夜、ディスプレイの黄色い「購入します」ボタンを前に孤独な咆哮を続けるモンスターができ上がります。



あとモンスターが得意なのが、銀座で、あるいはキャバクラで飲むことに比べたら、というやつ。実際そういうひとは何かを買っても銀座で飲んだりキャバクラ通いを辞めたりしない。また、たった一度の人生、欲しいものを買わずに何のために生きるのか、みたく開き直る人もありますね。本来その手の高価な買い物は、人生において何かを成し遂げた後に「降りてくるご褒美」であって、ローンで手に入れる類いのものではない。あと「要らなくなったら(払えなくなったら)売ればいい」というモンスターが使う常套句がありますが、確かに中古車の錬金術師さながら買った車の値段が勝手に上がって行くケースもありますが、そういうことは稀で、たとえば新車でBMやベンツ(AMG含む)を買った人には、3年後にはもれなく驚愕のプライスダウンが待ち受けている。バイクも手を入れれば入れるほど売る時は二束三文。そもそもモノに対する強すぎる愛はすべて幼児に通じるところがある。付き合い始めの頃は「そういう少年っぽいところが好きなの」と女の子も言ってくれるかもしれませんが、本心でないことは知っておくべきでしょう。ところで物欲のモンスターってなぜか男ばかりですよね。酒やギャンブルで人生を棒に振るのもだいたい男。生物学的な要素はあるんだろうけど、単純に男と女だと女の方が人生の先を見越して生きる力に長けているんだと思う。玄関に積みあげられたAmazonの段ボール箱は、男の、いや僕の愚かさの象徴。でも一緒に食べる人もいないのに、夜中に流しそうめんセットを買うドクターの歪んだ物欲よりはマシかも知れません。
[PR]
by melody63 | 2017-05-09 10:57 | Diary