ブログトップ
Driving Sideways
melody430.exblog.jp
車検をめぐる冒険
車好きが車への愛を試される機会はふたつあって、ひとつは洗車。ガソリンスタンドの洗車機でやろうと自宅の庭でやろうが構わないんですが、基本的に車はきれいに乗った方がいいと思うので、こまめに洗車はしてやるべきだと思うし、それができない人はまぁ車と深く関わっていく資格がないです。




あともう一つは車検。車検という制度の良し悪しは置くとして、3年とか2年に一度、頭を冷やしてこれからもこの関係を続けていくのか、ひとまず終わりにして新たな出会いを求めるのか考える機会という意味では、車検にかぎらず物事の転機としてはふさわしい単位だと思います。さらにディーラーや業者に預けるのではなく、自分でユーザー車検を受けるというのは一般的にはまだまだハードルが高く面倒な分、愛もまた深くなる。なので、日頃からアストンマーチンやランボルギーニに乗ってブイブイ言わせておられる先生方におかれましては、ぜひ車検は自分で取って、互いの愛を見つめなおす機会を持っていただきたい。

ところで月末に車検が切れるということで先日車検場に出かけたんですが、ヘッドライトで引っかかるのはわかっていたので、事前に予備車検を受けたところ、今のままじゃ絶対通らないと言われ、光軸の話かと思ったらそうではなくライトのカットが原因なのだと。でも前回は光軸の調整で通ったけど、と追いすがったところ、あれから法律が変わったんですよ、とあっさり跳ね除けられました。つまりうちのは右側通行の国から来た並行輸入車なので、ライトが本来照らすべき歩道側(左)ではなく、対向車側(右)を向いてるんです。並行輸入車として最低限の取り決めであるリアランプのオレンジから赤への交換や、ウィンカーなどは納車時に調整済みなんですが、カットについては最近までは不問だったんですよね。ディーラーに聞いたら、ユニットごとごっそり変えるんで軽く50万ですね、とここぞとばかりに並行輸入車を責め立てるムード。いくらなんでもそれはないと思いぐぐってみたら、ここ数年並行輸入業者にとってかなりホットな話題であることがわかりました。結局ある業者でユニットのなかの切り欠き部分を削って合わせる作業をしてくれるということで、6万円弱の出費で抑えることができました。週をまたいで本車検を受け、見事通ることができました。うれしかった。車と向き合い、ある一つの目標に向かって心を一つにするという貴重なドキドキ体験を、業者に簡単に任せてしまうのはもったいない。真新しい車検証とラベルを手に、一皮むけた車に乗って爽快な気分で車検場から帰る体験を車好きの人にはぜひ味わってほしいと思います。

で、今日は旧車についての自分の考察を少し述べたいのですけれども、僕の場合デザイン的に新車には興味がわかないので、欲しいのは旧車なんです。でもいざとなると故障が怖かったり内装がやれてたりして買うまでには至らない。かといって飾っておくだけの車など無用。街で見かける70年前後のナローをはじめとする旧車には、よく言えば渋めの、悪く言えばちょい汚系の爺さまが乗ってるケースが多いです。値段も高いしメンテも考えると簡単には乗れないので、オシャレ雑誌の編集者風とかカメラマン風とかあと何をやってるかよくわからない感じの人が多い。次に中途半端な旧車。誤解を怖れずに言えば、90年代の旧車たち。964とかモデナとか、あとSUV系だとクラシックレンジやゲレンデバーゲンなどが当てはまります。この辺になると価格がこなれてることもあって乗ってる人の幅が広く、前述の汚爺さまから20代のお兄ちゃんまでいて、資産価値に左右されない分、車好きが多かったりもします。

さて、そこで自分に似合う旧車とは、なんですが、僕くらいの後期中年が中途半端な旧車に乗るのは微妙。服装や見かけがカッコよければ多少は違うんでしょうけど、体軀も含めて見かけが中途半端だと、中途半端×中途半端の定石として、貧乏な車好きオヤジにしか見えなかったりする。クラシックレンジはどうかと調べていたんですが、500万出しても壊れないという保証はなく、一方で一般の人から見ると、単に新車のレンジが買えない人にしか見えなかったり。そう、僕は一般の人なので、(カーマニアではなく)一般の人がどう思うかが気になるんです。かといって数千万もするナローは手が出ないし、出たとしても値上がり前の値段を知ってるからもったいない感が半端ない。乗ってる人も爺さんばかりなので、オフ会などを考えた時ちょっと気が引ける。あとこの手のネタは、いい女を助手席に乗せていたらどうかという話になるんですが、旧車にはどんな女も似合わないと思う。助手席に乗せていいのは男のロマン(=自己満足)だけ。そんなわけで、なかなか自分に似合う車が見当たらない今日このごろ。実はクルマ愛そのものが枯渇してもう長いんですが、その話はまた次回。
f0178199_21034060.png

[PR]
by melody63 | 2017-04-02 23:38 | Vehicle
<< デニムエイジの落日 This Small Circle >>